Event is FINISHED

シンギュラリティ大学が教えるエクスポネンシャル思考

Description

ゲスト:Jovan Rebolledo (東京大学大学院情報理工学系研究科特任研究員/シンギュラリティ・ユニバーシティ、ティーチングフェロー/エクスポネンシャル・ジャパン代表)
モデレーター:石倉洋子(一橋大学名誉教授)

※本セミナーは英語で行います。通訳は入りませんのでご注意ください。


”未来を先取りする”思考法とは?


科学技術の進展により、「シンギュラリティ(技術的特異点)」という言葉や、さらに発展が加速していく「エクスポネンシャル(指数関数的な変化)」という言葉を頻繁に目にするようになりました。

シンギュラリティとは、AI(人工知能)が人間の能力を超えるとき、と一般的に理解されています。しかし、それだけではシンギュラリティの意味を理解しているとは言えません。米未来学者のレイ・カーツワイル氏が2045年に起きると予言しているのは、科学技術によって人間そのものが本質的に変革していくことであり、世界をリードするイノベーターや巨大企業のCEOたちがこぞってこのシンギュラリティを見据えた行動を始めているのです。

そのカーツワイル氏が設立し、AIを始めとする科学技術の加速度的な発展が予想される時代に備えるための研究・教育機関として世界中から注目を集めているのが、シリコンバレーにある「シンギュラリティ大学」(SU)です。

SUには世界中から参加希望者が殺到しており、選抜された優秀な人材が受講するプログラムからは「世界の課題を解決する」ことを目指した、これまでにないアイディアを持つベンチャーが次々と生まれています。

シンギュラリティ、エクスポネンシャル、という言葉が広く使われる一方で、それらが本当はどのようなことを意味するのか、SUでは具体的に何が教えられているのか、まだあまり知られていません。

本セミナーでは、2009年のSU設立時から活動に携わっているJovan Rebolledo氏をゲストにお迎えし、SUで教えられる「エクスポネンシャル思考」や徹底的に先の未来を読むトレーニングなど、プログラムの具体的内容をお話いただきます。

AIの進化は、あらゆる分野で変革を起こすでしょう。そしてその変化は、半導体における「ムーアの法則」のように加速度的に起こると言われています。それらの変化を先取りすることが、これからのビジネスパーソンには必須です。

SUで行われているプログラムを一般のビジネスパーソンがどのように自分のトレーニングとして行うことができるのか、自分のビジネスに応用できるのか、石倉洋子氏のファシリテーションを通じて深く掘り下げてお聞きします。

■■■ お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりませんのでご注意ください。 ■■■

お支払い方法 クレジットカード、PayPal、コンビニ、ATM払いがあります。

円滑な進行のためにいただいた情報を講師の方々に提供させていただきます。

※お申込期日:2018年4月18日(水)15:00まで 

※受付開始時刻は18:30頃を予定しています。

【Peatixお問合せ先】
お問合せフォーム(よくある質問):https://peatix.com/contact
電話番号 : 0120-777-581
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#330113 2018-04-11 05:57:22
Wed Apr 18, 2018
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
セミナー受講 SOLD OUT ¥4,000
Venue Address
港区六本木6−10−1 六本木ヒルズ森タワー49階 Japan
Organizer
アカデミーヒルズ スクール
16 Followers